2010年09月27日

今号の

今号のBLANGEL19話、誤植というほどではないのですがネームでは一応こうなっていたということで。

4p5コマ目 それを操る魂→それを繰(く)る魂
7p2コマ目 何物→何もの
11p5コマ目 「血」不適合者→「血」の不適合者

繰るは操るが普通ですが言葉の韻的に。
何物はいろんな意味含めて「もの」に。
「の」はないとおかしいですね。

それから通信局のおハガキでの応援メッセージありがとうございます。
BLANGELの本編は自分の中でもまだ始まったばかりというか、
漫画力は相変わらずですが、描きたいものを描ける力は連載当初よりもついていて、
当初描けなくて断念した話を始めるために設定を固めている最中な感じで進めてます。

でも今の話は二巻以内にまとめて欲しいと言う事で少し強引にも進めてます。
やりたい事に対して尺が足りず、いろいろ説明不足とは思いますが最後まで応援していただけると嬉しいです。

最後と書いてしまいましたが一応状況によっては新章が出来るかもしれないという事ですので、
この先は皆様の応援にもかかってます。
まだまだ描きたい話はありますし、本筋の話にも少ししか触れていない状態ですのでよろしくお願いします―。

ということで拍手コメントでもご質問の多かった二巻発売はまだ先になるのではないかと思います。すみません。
ご要望の多かったサービスシーンも残りの尺でどう入れるかで四苦八苦で、ページもあまり使えず。すみません。
戦闘中のピンチというのも流れを考えると長時間痛がってられず、顔の画も崩しすぎると可愛くなくなるなど難しいのですが、
尺の問題が無ければ今ならもっといろいろ出来るかなとは思います。
posted by 渡瀬 at 23:40| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。